電気は便利なエネルギーですが、適切に取り扱わないと漏電による周辺への被害や、発火による火災といった重大事故にもつながりかねません。
そのため、日本では電気事業法などの法律によって厳重にチェックがなされており、経済産業省のホームページには電力の安全について様々な説明が掲載されています。
原則的に事業者が守るべき法律ではあるものの、太陽光発電によって電気を作るとなったら、個人であっても全くの無関係とは言えなくなります。
とはいえ、個人が導入する太陽光発電は基本的に出力が低く、事業者に比べれば、適切な技術で取りつけることや、電気を正しく取り扱える有資格者に作業をさせるぐらいのルールです。
該当する官公庁への届出は、業者が代行するのが一般的になっているので、個人が工事に関する細かい手続きをする必要はありません。
しかしながら、太陽光発電の導入による補助金制度といった直接関係してくる部分については、工事前に所定の手続きを済ませておくことが交付の条件になっているケースも多いため、お金を払う側として必要なチェックは行っておくべきです。関連した法律が改正されれば、個人においても太陽光発電の適切な維持に責任を負わされることもあり得るので、普段から国会での審議や、監督している官公庁の告知を見て、今後の流れを予測しながら動きましょう。

参考:太陽光発電 法律

関連記事