テレビCMでお馴染みのアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンというキャッシングローンがあります。
消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。
例外貸付の条件は利用者に有利な貸付であることでおまとめローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。
アコムの借換え専用ローンは融資上限が300万円ですが、借換え専用ローンの金利は一般向けローンよりも高い設定です。
借り入れた資金の使い道は貸金業者への返済に限られておりショッピングローンの返済には使う事ができません。
おまとめローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用を考えている多くの人が、わからないことだらけに頭を悩ませていることかと思います。
手続きの方法や必要な書類などは金融機関のHP上にある「よくある質問コーナー」に回答があります。
借り入れの総額がどれくらいになったら、おまとめローンを検討したほうがよいかといった一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。
情報サイトなら消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットも記載されていますし金利やサービスの比較もされているので、手間を省くことができます。
審査に通るポイントなど、初めておまとめローンを組むという人には有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を検討している人は、是非検索してみてください。
おまとめローンを申し込んだけど審査に落ちたという人は通らない理由を自己分析する必要があります。
一般的には、ローン審査には「スコアリング審査」と「個人信用情報」の2方向からの審査があり各項目に問題が無ければ審査通過の可能性は大きいです。
年収は高い人なら余裕で審査通過できると思われがちですが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。
勤続年数は長いほど安定性があると判断され公務員や大企業の社員なら信頼度が高いので審査に有利になります。
おまとめローン利用者は多重債務者なので返済の延滞歴がある人は審査通過は困難です。
おまとめローンを利用することで月々の返済額を少なくしたり引き落とし日を集約できるメリットがあります。
一般のカードローンと同様におまとめローンにも審査がありますが通常のカードローンよりも金利が高く、審査基準が厳しい場合が多いです。
銀行と消費者金融のおまとめローンの金利の違いは銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスリボ払いのおまとめローン)となっています。
いずれの金融機関からおまとめローンの融資を受けるにしても毎月の返済金額を減らすという場合は返済期間が長くなる事を忘れてはいけません。
返済期間の長期化は発生する利息を増加させますのでおまとめローンを利用する前よりも返済する金額は大きくなってしまいます。
住宅ローンで融資を受ける際にカードローン利用者は不利になるという話を聞きますが返済負担率に問題が無いようであれば、不利になるとは限らないという話もあります。
そうはいっても、お金に困っているからカードローンを利用しているのは明白ですからなるべくカードローンは住宅ローンの審査までに解約しておくことをおすすめします。
複数から借り入れている多重債務者の場合はおまとめローンを利用して借金を1本化することが最優先です。
又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの審査を受けるのは不利だと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。
それに加えて住宅ローン利用者は優遇金利となる場合がありますからおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローン審査を受けてみるのもアリだと思います。
おまとめローンという商品は埼玉りそな銀行にはありませんがフリーローンで対応することができます。
最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%低金利な上に来店不要という点も魅力です。
銀行の融資なら総量規制は適用されませんし年収による申し込み規制もありませんから、パートでも申し込むことができます。
安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが給与所得者でも未成年は申し込むことができません。
プライベートローンで足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」という商品もありますが申込時に収入証明書が必要になりますおまとめローンの手続きを順序良くに進めるために必要となる書類や手続き方法を紹介します。
必須になる書類には本人確認書類があり通常は運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類を使用します。
借入残高を証明する書類についてはおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融でおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。
収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上融資を希望する場合で必要になることが多いです。
収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している場合、早めに用意しておくことをおすすめします。
おまとめローンはいくつもの金融機関から借金をしている人が借入先を整理するために新しい借入先を見つけ既存の借入金を返済するためのローンです。
一方で、借り換えローンというのは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れることで既存のローンを一括返済して新規ローンで返済していくということになるため、いわゆるローンの乗り換えということになります。
これらは金融上の定義づけはとしては異なるのですが、厳密に区別されることはなくおまとめローンというサービス名ですが、実情は借り換えローンという金融機関も多いです。
消費者金融は金利が高いことが多く、一方銀行は審査が厳しいというのが一般的ですがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かというとどちらとも言い切れません。
消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。
おまとめローンは複数社から借り入れていた借金を1つにまとめるためのローンで月々の返済額を低くすることができます。
月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済しなければいけない元本に変化はありませんから返済期間が長くなる事になります。
返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済する総額はおまとめローンを組む前より増えることになります。
一方で、借入限度枠が大きい人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が通れば、低金利で融資を受けられることになります。
そのため、おまとめローンでどれくらい金利を抑えられるのかということをきちんとシミュレーションしておけば返済総額を増やさなくても、毎月の楽な返済を実現できるのです。
何件もの金融業者から借り入れがあると引き落とし日がバラバラなので、管理するのも一苦労ですね。
多重債務している人は与信限度額が低いために何社からも借りなければならなかったのだと思います。
金利の設定は与信限度額が高いほど低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが有利になります。
しかし、多くの金融機関では多重債務者は歓迎されませんから返済額の全てを完済できる金額を融資してもらうのはハードルが高すぎます。
でも、おまとめローンなら多重債務者が有利になるための借り換え商品なので取りあえず、申し込むことをおすすめします。

おまとめローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用を考えているほとんどの人が、わからないことだらけだと思います。
手続きの方法や必要な書類を知りたい場合は、おまとめローンの商品を取り扱っている金融機関の「よくある質問コーナー」に答えが掲載されています。
情報サイトならメリット・デメリットやサービス内容の比較もあるので、初めて利用する方には非常に便利ですよ。

よければ、おすすめも
リボ払いはおまとめローンできる?危険なの?【おまとめ支払い】

関連記事


    私は持病を持っています。それのために、毎月かなりのお金が必要なのです。すぐには用意できないので、私はカードローンで支払っているのです。そうする事で毎月の負担額も、少なくなって済むのです。 今ではこん…


    ジャパンネット銀行カードローンは専業主婦の審査は甘いのでしょうか? そして借り入れは可能なのでしょうか? 専業主婦だって何かと物入り!審査に通るコツや利用条件知りたい! 借入方法や初回特典のお得な情報…


    ずっと買いたかった車のホイールをついに購入。数か月前から買うか諦めるか悩んだ末の買い物でした。 しかし、新品のタイヤも入れてかなりの出費となり、貯めていたお金すべて使ってしまったので、しばらくは苦し…