私は現在、30歳ですが母子家庭で育ちました。
母子家庭で母が一生懸命に僕を育ててくれ、
今になってとてもありがたかったと感謝しています。

母子家庭で育った自分にとって同僚の死という不幸に初めて遭遇することになり、
大変印象に残ったのでお話させていただきます。

私は鉄道関係の仕事を行っている会社に勤めてます。
福利厚生などはしっかりとしている会社ですが、非常に危険が伴う仕事をおこなっており、
ルールを守らなければ命を落としかねない、そのような職場です。

その職場で先月に死亡労災が発生をしてしまいました。
電車の架線に同僚が感電をしてしまい、死亡をしてしまったのです。

加線の電圧ですが25000Vで、ほぼ即死の状態でした。
その同僚は私の同期で、一番仲がよかったです。

同僚の誕生日会のときなども毎回呼んでもらって、
お家にもよくお邪魔をさせていただきました。

現在では同僚宅にはいくことがなく、お母さまとも私は仲がよかったのですが、
何をどのようにフォローをおこなえばいいのか、
これからどのように接していけばいいのか、本当に悩んでしまうことがあります。

その同僚の家も母子家庭で、全く自分と同じ環境だったので、
母親の悲しみは痛いほどわかるつもりです。

この会社に就職するときも
お互いに母子家庭だったので母子家庭 正社員 求人には
応募しても採用されないだろうと不安だったのをよく覚えています。

でもそんな二人が同じ環境であるにもかかわらず正社員として採用されたんです。
生まれてからこんなうれしかったことはありません。

赤の他人ではあるのですが、このままお母さまとは自然消滅などもできますが、
あまりにも同僚とは仲がよかったので、
お母さまの心の傷などをどのようにケアーをおこなっていけばよいのか、
本当に悩んでいるんです!

関連記事


    子供のいる女性がフルタイムで働き始めると、 どうしても最初のうちは後ろめたさが拭えませんよね。 仕事も好き、でも子供たちも大好き。 なかなか両立するのが難しいとはわかっています。 でも私も同じく、それ…


    私には生後10か月の子供がいます。 初めての子供はこんなにも可愛くいとおしいものかと思うほど、 目の中に入れても痛くないと思えるほどです。 主人もとてもかわいがってくれていて、 今が一番幸せだと感じて…